航空機モニタリングの測定結果 汚染範囲は残念ながら非常に広い

文部科学省が実施している航空機モニタリングの結果が少しずつ公開されてきています。先日群馬県の測定結果が公表されましたが、あまりの汚染範囲の広さに正直な所ショックを受けました。

image

埼玉、千葉、東京あたりは汚染されていて当たり前の感覚でしたが、新潟、長野、山梨あたりも場所によってかなり汚染されてしまっていそうな気がします。いや、もしかしたらもっと遠くも・・・。

オリジナルはこちらです。

同様に日本の広い範囲の汚染地図ということではnnistarさん作成の以下の地図が一番まとまっていると思います。まだ見ていない方は是非。

 

あらためてチェルノブイリ事故の際の汚染地図を見てみます。

「チェルノブイリは格納容器がない状態で爆発したから福島第一とは全く違う」ということはよく言われており、それはそのとおりだとは思うのですが、風に乗ればはるかかなたまで斑に飛ぶのは事実です。東日本だけと言わず、日本全国計測しておかないと危ないのではないでしょうか?

一方で、近い場所であっても汚染が低い所の目安がかなりつけやすくなってきました。東葛ホットスポットから抜けるにはやはり野田市の北のあたりが近くて低そうですね。早く千葉県、埼玉県あたりの結果も公開して欲しいものです。

今度から何処かに旅行をするような際には、この航空機モニタリングの結果とにらめっこして、汚染の低い所を選んで行こうと思います。そして手には線量計・・・ですね。