東葛のホットスポットとチェルノブイリとの比較 ―ベラルーシ、ウクライナの場合―

先日は安心できる情報としてスウェーデンの情報を書きました(東葛のホットスポットとチェルノブイリとの比較 ―スウェーデンの場合―)。今日は逆に注意しなければいけないと気を改めて引き締めるための危険情報として、ベラルーシ、ウクライナの事を調べてみたいと思います。

汚染地図の確認

ベラルーシ、ウクライナはチェルノブイリ事故の被害が一番大きかった国です。まずは汚染地図を見てみます。

単位がCi/k㎡ですので、Bq/㎡に変換して比較する必要があります。

Wikiに以下の変換式が載っています。

1Ci=3.7×1010Bq=37GBq

37GBq = 37000MBq = 37000000kBqですので、1Ci/k㎡ = 37000000kBq/k㎡ということになります。

次は/k㎡を/㎡に直します。kは1000で平方メートルですので、二乗すればいいことになります。/k㎡から/㎡に変換するには1000000で割ればいいことになります。

1Ci/k㎡ = 37000000kBq/k㎡ = 37kBq/㎡ = 37000Bq/㎡ということになりました。結局上記の汚染地図の1~5Ci/k㎡の部分は37000~185000Bq/㎡という事になります。

先日も紹介した上記の記事のとおり、東葛ホットスポットの土壌汚染は40000Bq/㎡あたりが高めの値になると思いますので、ぎりぎり上記のピンクの所に入るところもあるし、入らないところもあるか・・という感じですね。

ただ、上記はセシウム137のみでの値であり、現状の東葛ホットスポットではチェルノブイリの時よりもセシウム134の分量が多く、その分放射線量が現状は高いということを踏まえると、ピンクの汚染地帯の健康被害の状況が非常に気になるところです。

事故の影響

ウクライナについての事故の影響のレポートがあります。

  • ウクライナにおける放射線影響
    • ウクライナにおいては,合計して300万人を超える人々がチェルノブイリ事故によって,病気になったと考えられる.そのうち約100万人は子供である
    • 表3は,ウクライナでは1991年以降,死亡率が出生率を上回っていることを示している
    • 健康な人の割合は,チェルノブイリ事故被災者の3つのグループにおいて,時間の経過とともに劇的に減少している.1987年以降,健康人の割合は,80%から20%へと減っている
    • この約10年間で,罹病率は2.1倍に,発病率は2.5倍に増加した.罹病率の増加が最も激しいのは,腫瘍,先天的欠陥,血液,造血器系の病気であった.最も罹病率が高いのは,第3グループ(厳重な放射線管理下の住民)の子供たちである

レポートを読んだあとで改めて上記の汚染地図を見ると、なにも色が付いていない部分の方がはるかに多いことに愕然とします。東葛ホットスポットでもピンク色に含まれまれる土壌汚染が確認されています…。

 

上記の報告書では遺伝的影響についての調査結果が書かれています。「表2 ベラルーシの国家モニタリングにおける先天性障害頻度(1982~1995)」の表では1Ci/k㎡以上の地域とそれよりも低い地域についても情報があり、「チェルノブイリ事故後に先天性障害頻度が増加していることは明らか」となっています。

 

他にも探せば色々と情報はあります。逆に何もなかった、という情報も多数見つかりはしますが、あきらかに「警戒しないといけない」ことは明らかです。

 

うーん。やっぱりベラルーシ、ウクライナの情報を参照すると、東葛ホットスポットで生活していてはまずいのではないか、という気になりますね。気を引き締めていかないといけないです。次回はスウェーデンとベラルーシ、ウクライナの圧倒的な事故後の影響の違いの原因について考えてみたいと思います。