食べ物がどの程度汚染されているのかを確認する(2012年7月)

ずいぶん久しぶりに、食べ物の汚染状況を確認してみました。大枠の方針は変更の必要なしと思っており、だからこそ細かく毎月チェックするのをやめているのですが、さて、どうでしょう。

汚染されているもの

以下は「緊急情報|厚生労働省」にて公開されている平成24年6月分の結果から私が気になったものを抜き出したものです。

78 岩手県 タラ H24.6.1 54.8
68 岩手県 クロソイ H24.5.31 400
98 宮城県 ヒラメ H24.5.31 26
17,687 福島県 シロメバル H24.6.26 1700
4,666 岩手県 乾シイタケ H24.6.5 1400
4,366 福島県 ツキノワグマ肉 H24.6.6 420
13,173 福島県 ウナギ H24.6.19 390
8,698 福島県 桑茶のほうじ茶 H24.6.13 340
18,534 宮城県 タケノコ H24.6.28 330
8,825 栃木県 イワナ H24.6.14 150
835 宮城県 牛肉 H24.5.19 65.1
18,455 福島県 豆菓子 H24.6.27 48
13,375 栃木県 ウメ H24.6.21 42
6,419 東京都 アシタバ H24.6.11 26.2
6,088 福島県 ハチミツ H24.6.8 23

個人的感想

確認したところやはり傾向は以前とかわっていない感じでした。これからも長期間確実に汚染され続けるのはやはり太平洋側の海のものですね。福島での漁も再開されたようですが、まだ採ることができない種類も多く、その傾向は今後まだまだ続くものと思われます。

また、シイタケはやはりまだまだダメですね。これも今後もずっと続くものと思われます……。というか、チェルノブイリ事故の影響で3.11以前からやばい数値だったのでそもそも生きてるうちは…という感じではありますが…。

今回確認してかなり変化があったのはやはり牛肉ですね。以前はちらほらと高い汚染度のものがコンスタントに出てしまっていましたが、今回確認した範囲ではかなり汚染度は下がってきているようです。おそらくかなり酪農家のみなさんが苦労して対処してくれているのだと思います。そろそろ和牛に関しても産地によっては食べてもよいように思います。(そもそも和牛自体高いからなかなか食べられないのですが)

麦はどうか

麦が結構汚染されている…という情報をネットで見かけました。たしかにそれはありうるだろうと思うので調べてみます。

14,329 千葉県 千葉市 小麦 H24.6.22 <6.4
14,330 千葉県 成田市 小麦 H24.6.22 <5.5
14,331 千葉県 神崎町 小麦 H24.6.22 <3.3
14,332 千葉県 東庄町 小麦 H24.6.22 <3.5
17,870 茨城県 五霞町 小麦 H24.6.28 <3.8
18,796 埼玉県 熊谷市 小麦 H24.6.27 <3.5
18,797 埼玉県 熊谷市 小麦 H24.6.27 <3.6
18,798 埼玉県 熊谷市 小麦 H24.6.27 <3.2
18,831 千葉県 我孫子市 小麦 H24.6.29 <4.2
18,832 千葉県 我孫子市 小麦 H24.6.29 2.5
18,833 千葉県 我孫子市 小麦 H24.6.29 <4.5
18,838 千葉県 香取市 小麦 H24.6.29 <4.0
19,806 岐阜県 海津市 小麦 H24.6.28 <25

とりあえず、2012年6月のデータでは大した汚染は無いようです。5月も調べてみましたが、1件もヒットしませんでした。小麦の収穫はこれからというところのようです。

ネットで検索すると以下のあたりがヒットします。

小麦の国産と外国産の割合等に関してはこちらの資料が非常に参考になります。
www.maff.go.jp/primaff/meeting/kaisai/pdf/110621.pdf

  • 需要量の86%が外国産小麦の輸入。残りの14%が国内産。
  • 国内産小麦の6割は北海道産。
1年間はかなり検出されてましたが、今年に関しては去年より汚染は落ち着いているようです。基本国産の小麦を使っている場合は北海道が多く、さらに表示もされているようでもありますし、あまり気にしなくて大丈夫そうです。

もっと大きな視点で見るとどうか

ここまでは、検査された中で値が検出されているところを注視しています。事故からかなり期間がたってますので、もう少し大きな視点でも見てみます。こういうのはやはり早野先生のTweetが参考になります。

 

image

image

image

また、東京都の流通品の検査結果もほとんどのものが不検出になっています。

全体として

全体的には食品汚染は当初のヨウ素がバンバン検出されていたり、きちんと対策されず牛肉等から高濃度のものが検出されていた時期とは全く状況がわかってきており、陸のものに関してはもうあまり気にしなくてもいいものが多くなってきてます。

事故当初が一番危険でその後どんどんほおっておいても安全になってきており、さらに検査の結果かなり食品の汚染は低いことがきちんとわかってきている状況だと思います。

ただし、海のものは引き続き注意が必要。

理解したうえで、気にしている人でもそろそろたまの外食くらいは気にせず食べてもいいでしょうね、という感じになってると思います。我が家も外食は結構するようになってます。シイタケ、(日本近海の太平洋側の)魚、お米は外食でもかなり避けてますけれども。

あとはお米ですね。今年は去年よりも汚染度がほおっておいてもある程度下がってますし、一応基準値も下がってますし、農家のみなさんが低減措置をある程度とってくれていてさらにそれよりも値が下がることを期待します。そうなれば食べ物に関してはシイタケと魚だけ気にしておけばいいくらいになりそうな気がします。