放射能汚染への向き合いかたが新しいフェーズに入ってきたと感じる

放射能で汚染されてからかなり時間がたちました。当初、新聞にまでデマと書かれた東葛地域の汚染もきちんと国にも認定され、松戸市もやっと大規模な除染に踏み切ります

食品の汚染についても、当初の直接のフォールアウトによる非常に高濃度な汚染がバンバン検出される時期もありましたが、土壌汚染から移行する時期に変わり、作物も1年近い時期を経ることで、どこでつくられた何が危ないのか、何が危なくないのかがわかるようになってきました。さらに、実際の食卓に対しての高精度の調査が行われることで、私たちが実際に受ける被曝の量がかなり具体的にわかるようになってきました。

当初、私は「外部被曝は許容可能な範囲。内部被曝はかなりリスクが高いのでそうとう気をつける必要がある。」と考えていましたが、色々勉強して知識をつけたり、実際の状況が変化したり、わかってきた今では以下のように考えています。

  • 内部被曝は極端にリスクの高い(移行係数の高い)ものを避ければほぼ大丈夫。( 「福島で空間線量が高い地域で農家をしていて米も野菜もほぼ自家製できちんと検査していない」とか「東日本でとれた魚を毎日骨まで食べてる」ということが無ければ)
  • 外部被曝の方が相対的に影響が大きいが、でもそれは許容範囲内。

今後しばらくは以下の行動方針でいこうと思います。

  • 日常の食材は、ストレスにならない範囲で産地を選ぶ。 嫁さんに選んでもらう。
  • 外食はそれなりにする。ただし、危険食材は避ける。
  • 特別な機会でメニューも選べないような時もたまにあるけど、その時は何も気にせずに食べる。楽しむ。
  • 雨樋の下や側溝など高濃度に放射能が溜まっている場所を知り、それは避ける。子どもたちを近づけない。
  • 外遊びは松戸市の除染が終わるまではまだ極力避ける。幼稚園や小学校、除染済みの場所に関しては制限を設けない。

まだたまに心配なこともあり、チェックはつねにし続けなくてはいけないのですが、ひとまず不安を感じすぎないで毎日過ごせるようになってきたと思っています。

避けるべき危険食材

避けるべき危険食材は以下のように考えています。

これは人によって全然異なるリストになると思います。それぞれの人がぞれぞれの価値観でリストを作成すべきと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。