放射能汚染への向き合いかたが新しいフェーズに入ってきたと感じる

放射能で汚染されてからかなり時間がたちました。当初、新聞にまでデマと書かれた東葛地域の汚染もきちんと国にも認定され、松戸市もやっと大規模な除染に踏み切ります

食品の汚染についても、当初の直接のフォールアウトによる非常に高濃度な汚染がバンバン検出される時期もありましたが、土壌汚染から移行する時期に変わり、作物も1年近い時期を経ることで、どこでつくられた何が危ないのか、何が危なくないのかがわかるようになってきました。さらに、実際の食卓に対しての高精度の調査が行われることで、私たちが実際に受ける被曝の量がかなり具体的にわかるようになってきました。

当初、私は「外部被曝は許容可能な範囲。内部被曝はかなりリスクが高いのでそうとう気をつける必要がある。」と考えていましたが、色々勉強して知識をつけたり、実際の状況が変化したり、わかってきた今では以下のように考えています。

  • 内部被曝は極端にリスクの高い(移行係数の高い)ものを避ければほぼ大丈夫。( 「福島で空間線量が高い地域で農家をしていて米も野菜もほぼ自家製できちんと検査していない」とか「東日本でとれた魚を毎日骨まで食べてる」ということが無ければ)
  • 外部被曝の方が相対的に影響が大きいが、でもそれは許容範囲内。

今後しばらくは以下の行動方針でいこうと思います。

  • 日常の食材は、ストレスにならない範囲で産地を選ぶ。 嫁さんに選んでもらう。
  • 外食はそれなりにする。ただし、危険食材は避ける。
  • 特別な機会でメニューも選べないような時もたまにあるけど、その時は何も気にせずに食べる。楽しむ。
  • 雨樋の下や側溝など高濃度に放射能が溜まっている場所を知り、それは避ける。子どもたちを近づけない。
  • 外遊びは松戸市の除染が終わるまではまだ極力避ける。幼稚園や小学校、除染済みの場所に関しては制限を設けない。

まだたまに心配なこともあり、チェックはつねにし続けなくてはいけないのですが、ひとまず不安を感じすぎないで毎日過ごせるようになってきたと思っています。

避けるべき危険食材

避けるべき危険食材は以下のように考えています。

これは人によって全然異なるリストになると思います。それぞれの人がぞれぞれの価値観でリストを作成すべきと思います。

松戸市からRadiを借りてRD1706と比較してみました

先日松戸市からRadiを借りました。RD1706では自宅内の値が低すぎて場所によりきちんと計測できていないと思われたので、その確認が主な目的です。

予約

予約は047-704-3987(平日の午前8時30分から午後5時まで)に電話しました。貸出予約受付の初日に電話したのでかなりつながりにくかったです。でも、今ならきっとそんなこともなくつながるものと思います。

平日なら近くの支所で借りられるのですが、土日しか時間が取れないので市役所本庁での貸し出し、返却となりました。

計測、比較

色々用事があって計測時間はほとんど取れなかったので、自宅内のいつも計測している場所でのみ簡単に並べて計測してみました。

以下はいつもRD1706で0.09~0.15程度の値が出る場所(1階リビング)での比較です。

imageimage

image

Radiでは0.09程度の値で安定していましたが、RD1706の値はいつも通りかなりふらつきます。巷で言われている通り、「0.1以下ではきちんと測れない」状態であることが確認できました。

 

以下は1階よりも線量の高い2階のさらに2段ベッドの上の段です。

image

RD1706では0.15~0.18程度が表示される場所でRadiでは0.17程度で安定していました。このくらいの値であればRD1706でもそれなりに計測できていることにしていいように感じました。

 

一方以下は2段ベッドの下の段。

image

基本的にRadiの方が低い値が出るのかと思ってましたが、瞬間的にはRadiの方が高い値がでることもありました。最も、同じ場所で以下のような値の関係になるときも。

image

やはり、RD1706の値は平均化されているとはいえ、さらにそれを平均化して値を読み取る必要があるようです。

感想

今回Radiを借りて比較してみて以下のように思いました。

  • 線量計をかしてくれる松戸市に感謝。やっぱりありがたいです。
  • Radiの「10秒更新、過去60秒の平均」の表示はRD1706に慣れている身としては非常に快適。でも、「もっと反応速度が早ければもっと快適なんだろうな」と感じる。
  • RD1706は並べて比較するとRadiの良さが目立ってしまうけど、価格性能比を考えれば優秀だとあらためて感じる。
  • RD1706でも、表示の癖を理解して使えば十分に使える。でも、低い線量を図る場合にはやっぱり性能不足。

1階の線量に関しては0.1μSv/hを下回っていることが確認できてよかったです。2階の線量は高めですが、まぁ、この程度なら一応大丈夫だろうと思える程度にまで下がってきました。あと1年くらいは目に見える形でまだ値が低下するのでそれが待ち遠しいです。

2012年1月2日~3日の放射性物質降下量の増加について

ここの所状況が安定していたし、仕事がすごく忙しかったのであまりウオッチしていなかったのですが、心配になる情報が飛び込んできましたので自分のために調べてまとめてみようと思います。

心配になる情報はこちら。

福島での放射性降下物のデータをグラフ化した。確かに異常な上昇と言わざるを得ないだろう。しばらく注意しておくべき。 http://t.co/M272o62xThu Jan 05 04:53:26 via web

風による再浮遊…という説も流れていますが、@yoshiteさんに教えてもらったグラフによると風だけで説明がつくものでもないように思います。

さらにはこんな情報も。

文部科学省が1月6日に発表した福島県、並びに他県のデータを見ると、福島県および関東一円のセシウム降下量は、事故後とほぼ同じぐらいのレベルに達しています。

1平方キロメートルあたり100メガベクレルを超えていて、かなり危険です。逃げる必要はありませんが、マスクをして外出は避けてください。しばらく後に葉物野菜が汚染されます。(データが正しければ)

ソースはこちらのようです。

image

確かに2012年1月2日~3日の値の上昇はぞっとするものですね。ちなみにMBq/k㎡は値としてはBq/㎡と同じなので、そのまま比較できます。

福島だけでなく、千葉県千葉市稲毛区での測定データにも12月26~1月4日に検出されています。

image

時期的にも一致していることから、何かしらあったと考えるのが自然に思います。

事故後の降下量に関しては以前調べました。

武田教授は「福島県および関東一円のセシウム降下量は、事故後とほぼ同じぐらいのレベルに達しています。」と言ってますが、「事故後とほぼ同じくらいのレベル」というのは本当でしょうか?

データがあり一番降下量が多かった2011年3月21日付近の値を改めて確認してみます。

image

image

さすがにこの頃よりは桁違いに値は少ないです。というかこの時が多すぎたのですが・・・(涙)。

事故後…2011年3月の終わりはこんな感じです。

image

2012年1月2日~3日の福島市の降下量が、2011年3月30日頃のさいたま市あたりと同じ程度…という感じですね。「事故後と同じ」という表現は若干ミスリーディングだと思いますが、確かに値が急上昇していていやな感じです。

では、既に降り積もっているものと比較してどうなのか、というと、2011年3月の月間の降下量と比較してみるとよくわかります。

image

福島あたりだと、桁が何桁も違う感じですね。2012年1月2日~3日程度の降下量だと、空間線量が変化するレベルまでは至っていないと思いますので、線量計の値では異常は検知されないものと思います。実際に私の手元にあるRD1706では値は変化していません。個人的にはこの程度の値であれば「葉物からまた検出される」というレベルまでは至らないのではとも思いますが福島市の野菜…となるとちょっと危ない気もします。

気になるのは原因ですが・・・。はっきりしたことはわかっていないようです。

原発関連のデータを見ていると個人的に気になるのは3号機。

image

時期的に連動しているような気もしますが…?

とりあえず個人的には以下のような感じで理解しました。結局対して新しい知見は無いですが・・・。

  • 降下量が増えているのは公式データで示されている、複数ヶ所で出ているデータなのでおそらく本当だろう。
  • でも、絶対量自体はそんなに多くないので焦る必要は無い。でも、注意。
  • (Twitterでは「あきらかに何かフクイチであったな」と書いてしまったけど)原因は不明。でも、とりあえず気になる人、特に原発に近い地域の人は無駄な被曝を防ぐためにマスクをしてもいいかも。
  • でも、とりあえず様子見で大丈夫そう。値がまた落ち着くまでは毎日状況をチェック。

結果的に何事も無く落ち着きますように・・・。

2012/1/7追記
こちらのTogetterが情報としてよくまとまっていました。