食べ物がどの程度汚染されているのかを確認する(2011年11月中旬)

毎月行っていた食材の汚染度チェックが主夫生活で忙しかった9月、10月には行えませんでした。11月に入って時間が取れるようになってきたので、改めて確認してみます。そろそろ魚以外はホワイトリスト方式ではなく、ブラックリスト方式で大丈夫な程度になっているのでは?と、期待しての調べものです。

が、久しぶりに見てみたら、ボランティアで情報をまとめて公開してくれているサイトがきちんと動いていないようです。食品の放射能検査データは「データベースサーバの契約に伴う問題が発生しており、復旧にしばらく時間がかかります。 [2011/11/8現在]」ですし、全国の食品の放射能調査データはきちんと最新のデータが入っていないように見えます。日付の表示が間違っているだけかもしれませんが…。

これはちょっと困りました。PDFを追うのも大変ですし、毎日情報を仕入れていなかった期間が長いので感覚もわかりません。でも、他に方法がなさそうなので、報道発表資料|厚生労働省から111月分を追ってみます。以下思った事を箇条書きで。

  • 検出限界(定量下限値?)が0.5/KgBqとか1Bq/Kgとか低い値のものが増えてる!良い傾向。
  • 北海道の水産物はちょっと危ないかな?という印象だったけど、NDのものが多い。
  • 牛肉はかなりNDが多くなったけど、まだ10Bq/Kgを超える汚染が出ている。福島でも、岩手でも、山形でも、富山でも、千葉でも、静岡でも、秋田でも。まだまだ食べられない。
  • 相変わらず牛肉ばっかり計りすぎ!無駄だろ!他の物計ってよー。
  • 茨城あたりの水産物はむしろ私基準で食べられる物の方が少ない。
  • 相変わらずきのこは全然だめ。埼玉県のものもだめ。東日本のきのこが食べられるようになるまでにはいったい何年、何十年かかるのやら…。(そもそも事故前からだめだったという話もあるんだけど。)
  • くりも出てる。食べない方が良い。
  • 福島の汚染がひどいあたりの野菜でも、ほとんどのものはNDになってる。
  • リンゴ、ナシ、キウイフルーツ、銀杏、柿、桃、はちみつ、ゆずあたりは移行係数が高い。汚染されている地域のものは食べられない。
  • 豆はまだ出てる、福島、栃木はアウト。豆は産地が明示されているものを選びたい。
  • 柿は埼玉で5Bq/Kg程度。

と、5日分くらい見て力つきました。やっぱりPDFを直接確認するのは骨が折れますね。DBにまとめてくれる人の存在のありがたさを改めて感じました。というかはじめからせめてExcelファイルで公開してくれればいいのに…。

あたらしく気にしなくちゃいけないのは果物系が結構移行係数が高いというあたりと、埼玉のキノコは避けた方が良いというあたりでしょうか。我が家で購入する際のポリシーを更新しようとおもったけど、サイトが動いていないと厳しいので延期。残念。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。