航空機モニタリングの結果が追加されました

本日航空機モニタリングの結果に岩手県、静岡県、長野県、山梨県、岐阜県、富山県が追加されました。やっと東日本の大部分の結果が出揃ってきた感じです。

image

一番目立つのは上記の空間線量率の図です。これだけを見ると、長野県、静岡県、富山県、岐阜県あたりも汚染箇所がかなりあるように見えます。が、そうではない、というのが注意点です。右下に「本マップには天然核種による空間線量率が含まれています」と記述されているように、西の方のまだらな0.1-0.2のゾーンはほとんどセシウム134,147による汚染ではないということになっています。

そういうわけで、今回の原発事故による汚染状況を確認したい場合には、上記の図よりも以下のセシウム134,147の沈着量の合計の図を見るほうがわかりやすいです。

image

ひどい汚染の地域がかなりよくわかる状況になりました。新潟県のあたりは前回の結果からかなり修正が入っているようです(セシウム由来とされていた部分に関して、自然核種由来に変更された部分があります。)。この様子なら青森県、北海道あたりはほぼ影響がなかったことになりそうです。それにしても、風向きの関係でほとんど太平洋側に流れたはずなのにこれだけ広範囲に汚染されているというのはあらためて恐ろしいことです・・・。

ちなみに上記の図では10kBq/㎡以下で色のついていないところからも野生のきのこなどでは暫定基準値すら超えるような値のセシウムが検出されていますので、上記の図だけですべての判断はできないので注意が必要ですね。ただ、移行係数の高くないものに関しては、上記の図で10kBq/㎡以下になっている所であれば大丈夫だろうと私は思います。

また、すでに何度も書いていることですが、自然核種由来であろうと人口核種由来であろうと放射線の危険性に違いがあるわけではないので、外部被曝に関しては同じように評価できると思います。

そうすると、今回の結果から個人的に注目するのは汚染されていた所よりもむしろ汚染されていなかった所です。事故前から自然核種由来の放射線のみで0.2μSv/h程度の線量があった場所がかなり広範囲にあることがわかります。そして東葛ホットスポットにしてもこの程度の値の箇所は結構あり、更に言うとあと2,3年もすれば大部分の場所でその程度のレベルまでは線量が下がるはずです(むしろ濃縮される場所もあるかとは思いますが、全体的に)。そう考えたときに、「どの段階で、どのレベルの外部被曝なら許容して子供たちに外遊びをさせるか」ということの判断が中々難しいですね。もちろん今回の事故由来のセシウムは表土付近や草木に存在しているので空間線量だけで判断されるべきものでも無いのですが。

どのタイミングで子供たちに近所の公園等での外遊びを許可するかというのはかなり悩みそうです。除染が進んでくれればそういう悩みは持たずにすみますが、果たしてそうなるかどうか・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。