3件のコメント

今年の新米は安心して食べられるだろうか?

現在育児休暇を取得中で、つかの間の主夫生活をしております。今まで通勤電車の中などで情報収集ができていたのですが、最近は全くそのような時間も取れず。今までの知識で食材選びなどをしておりましたが、そろそろ新米を避けるわけには行かなくなってきたので、新米について簡単に調べてみます。ちなみに我が家では嫁さんのお父さんが新潟県南魚沼市で兼業農家としてお米を作っており、いつもそのお米を分けてもらっています。非常にありがたい事なのですが、主食で食べる量も多いため、放射性物質がどの程度含まれているのかは非常に気になるところです。

汚染地域

食品の安全を考えるときには、汚染されている地域とその程度を大まかに把握しておく必要があります。基本的に空間線量、土壌汚染、食品汚染は連動しているはずだからです。全体の大まかな把握には航空機モニタリングの結果が役立ちます。結構測定範囲が広がってきています。

image

行政の測定結果

まずは行政の結果を調べます。以下のページに結果がまとまっています。

米の検査結果に関しては、以下のExcelが一覧で見られて便利です。

セシウム137でフィルタをかけると、2441レコード中66件で検出されています。都道府県は以下のとおり。

  • 福島県
  • 岩手県
  • 茨城県
  • 群馬県
  • 千葉県

福島以外は数が少ないです。

image

機関によって検出限界、定量下限値は異なりますし、米と玄米では数値の意味が全く意味が異なるのですが目安にはなります。千葉県市川市が玄米でなく米で、この値は線量や回りのデータと比べてやけに高いです。こういうこともあるのだということを認識しておく必要がありますね。

福島県の値はCs-137が7.6~57となっており、Cs-134も同量程度入っていることを考えると…やはり食べられない値が出てしまっていると個人的に思います。もちろん、空間線量の低い西のほう…たとえば会津若松市などは全てNDになっています。

ですが、これらの計測結果のNDはCs-134, Cs-137それぞれで20Bq/kg以下が全てNDになっているところが多いようです。そう考えるとNDでも40Bq/kgを若干下回る程度の値が出ている可能性があります。

そして、暫定基準値は500Bq/kgというアホみたいに高い値なので、これらの米は全て市場に出回るということになります。個人的には食品の許容できる汚染レベルはCs-134, Cs-137がそれぞれ10Bq/kg以下と決めているので、お米の産地を公開していない所での外食はもうできない感じです。

さて、私が一番気になる新潟県は・・・というと

という結果でした。

image

汚染範囲の広い魚沼市の、さらに玄米でも10Bq/kg以下という結果なので、基本的に大丈夫だろうという判断ができそうです。ただ、計測点が少なく、千葉県市川市のように低い汚染度の場所でも結構な量の汚染が出ている例もあるので、「安心するために個別に計測してみる」ということをできればしたいところです。

二本松市の米から500Bq/kg計測された件

福島県、二本松市の米から500Bq/kgという値が計測されたという情報があります。前述の県の調査結果には含まれていないので別系統の調査結果なのだと思いますが、このあたり、忙しくてネットを見られていなかったので状況がよく飲み込めていません。

調べてみたところ、以下のブログの記事がよくまとまっていました。

空間線量も1μSv/hを超えるようなかなり高い汚染地帯で、さらに特異的に高い値が、特定の状況下で出た、ということのようです。

低線量地域でも同じような「特異な状況」があれば回りに比べて突出した値が出てしまう可能性はあることになりますので、やはり「自分がたべるお米、子供に食べさせるお米」の値は念のため、安心のために計測しておきたいところですね。

自分で測れる所、測ってくれる所

自分で食品の汚染度を計測可能、あるいは、依頼すれば計測してくれる所について。

個人的に一番利用したいのは「ベクミル」。

おとなりの柏市ですし、比較的料金も安いので、LB2045の20分測定で、Cs-134, Cs-137の合計で10Bq/kg以下と出てくれれば安心して食べられるようになります。ただ、現在非常に込み合っているようでなかなか予約ができなさそうです。予約ができても子供を連れて行って測るのは結構時間的に大変そう・・・。でも、挑戦してみようかな、という感じです。

他の検査機関についても情報を調べたいところですが、ちょっと調べる時間が取れません。どなたか個人計測を簡単に依頼できるところをご存知でしたら教えてもらえると有りがたいです。

過去の数値

ちなみに、お米の過去の汚染度合いは以下のようになっています。

image

上記データは天地米店の店主様よりメールで教えて頂きました。ありがとうございました。

過去の大気圏中核実験時代には4Bq/kgは出ていた時期があったのだからある程度大丈夫と見るか、事故前は1Bq/kg以下だったのだから今はとんでもないと見るか。見解は分かれるところだろうと思います。

3件のコメント

  1. 今日初めて拝見しました。
    家族構成も全く同じで、5歳と2歳の子供がいます。
    このままここに住み続けていいのか、でも移動することはできないし・・・そんな迷いの中毎日暮らしております。
    少しでも共感できる人がほしいです。これからも訪問させてください。

  2. >松戸市在住さん
    コメントありがとうございます。家族構成も同じということで、親近感がわきます。色々心配ですよね。特に小さい子供がいると・・・。個人的には現実的に移動できないのであれば、もう割りきって頭を切り替えて「住んでいても大丈夫。安心するためには何をどうするか。」ということを考えて、心配したり迷ったりするのはやめたほうがいいのだと思っています。悩んでも悩まなくても、結局行動が同じなら悩むだけ損ですので。(ってそれでも色々迷ったり心配したりしますけれども・・・。)

    是非、これからも訪問いただければと思います。今は育児休暇中でなかなかブログは書けませんが、あと1月もするとまた書きだす予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。